抽象画


抽象画とは、「具体的なモチーフをもたない、存在しないものを描いた絵」のことを指します。

想いや気持ちを色に反映してみたり、存在するものを極限までデフォルメしてみたり。

自由で、難易度も敷居も低めな画題が集まっております。

一度体験すると、美術館での見方も変わってくるかもしれません。